アートエンディングは2005年に創業した、まだ若い会社です。
 葬儀業界では、家業を継いでこの仕事に就くというケースが多いのですが、私は自らこの道を選びました。
貿易の仕事で海外のある国に出張したとき、街中で何度も葬列に出会いました。
 そこで葬儀は故人を弔う儀式であると同時に、遺族の心を慰めるもの、ということに気付きました。
 帰国後、日本の葬儀について調べてみると、日本にも素晴らしい葬儀文化があることが分かりました。
しかし同時に、数々の疑問が湧いてきました。
 お客様が優先されずに葬儀社の都合が優先される点、高額で不透明な費用…こうした疑問に突き当たり、「故人と遺族の尊厳を大切にした葬儀を創りたい」という志を胸に、アートエンディングを設立しました。
 創業以来、ご遺族の立場を優先する対応、「定額葬儀プラン」の導入など、業界の常識にとらわれない姿勢が評価をいただき、クチコミでのご利用も増えてきました。
 これからも「あなたたちのサポートのおかげで明日の希望を持つことができた」と言っていただける対応を心がけ、仕事を「志事」として日々精進し、全社一丸となって「ありがとうで見送る空間創造業」として各自が会社の代表だと自覚した対応を心がけていきたいと思います。

株式会社 アートエンディング
代表取締役 西本 淳弥
1989年03月 弥栄小学校卒業
1992年03月 北陽中学校卒業
部活動は、野球部でした。